Forte D-sign Plug-in 2016NE

操作方法

ドラッグ&ドロップ。直感で使える優れた操作性

用意されたテキストボックスに、商品名や価格などを打ち込むだけの簡単入力が可能です。
PowerPointに不慣れな方でも、左側のForteライブラリから、素材をテンプレート (雛形)画面にドラッグ&ドロップするだけで面倒な操作を覚える必要がありません。

写真の加工も不要

イラスト、写真などのデジタルアセットをデザインテンプレートにドラッグすれば、 自動的に画像ボックスにフィット。サイズの異なる画像や難解な画像の調整・加工 (サイズ、縦横比、画素数、画面解像度など)であっても、簡単です。 さらにズームクロッパーで写真の部分クローズアップも可能。被写体をファインダーの 中心からずれて撮影してしまった時や、小さく撮影してしまった場合などで簡単に アップや位置の加工ができて便利です。しかも元の画像に設定していたアニメーションもそのまま。再度アニメーションを設定する必要もありません。

デジタルカメラや携帯電話で撮影した写真もオリジナルのデジタルアセットとして手軽に 登録が可能。コンテンツのバリエーションを大幅に拡げることができます。 また、効果的なアニメーションを 設定したテンプレートで、デジタルサイネージ特有の 「魅せる、動き」をもった、 オリジナルコンテンツが制作できます。

表組みはExcelデータを有効活用

フロア案内や栄養価・産地表示、金利表示などに便利な表組みによる情報発信は、 書き換えを頻繁に行う必要があります。
Forte D-sign Plug-inでは、使い慣れたExcelの表と連動した表コンテンツの制作・管理が可能。 Excelデータを更新し、パワーポイントを開くと表組みコンテンツが自動的に更新されます。(※フォルテでは、パワーポイントが開かれた時にエクセルの更新されますが、そのタイミングが「手動」、「自動」、「問い合わせ」の3種類から選択可能)

Forteビデオエクスポートでビデオに変換

Forte D-sign Plug-in 2016では、作成したPowerPointの保存はパワーポイント形式や静止画だけでなく、4K(ウルトラHD)・2K(フルHD)のmwv及びmpeg-4ファイルの動画形式でも可能です。
タテ画面とヨコ画面の両方で、フルHD(1920x1080ピクセル)ウルトラHD(3480x2160ピクセル)サイズに対応し、映像がキレイで細かい字もつぶれずに表示できます。
タイムラインでの映像編集スキルがなくとも、PowerPointではスライドの追加や削除、さらには各スライドの秒数の変更が素早く簡単に行えあらたにビデオ編集ソフト等の複雑な操作方法を覚える必要はありません。
  ※保存可能な動画静止画の組み合わせはこちらを参照ください。またForte D-sign Plug-inで 保存されたMPEG-4ファイルがすべてのmp4対応機器での再生を保証するものではありません。

Forte D-sign サポートセンター

受付時間

電話番号: 03-5962-0738

受付時間: 月曜日~金曜日 9:00~18:00 土・日・祝日、年末年始(12月30日~1月4日)を除く

ご利用には、ユーザー登録されたライセンスコード(ユーザー登録番号)が必要です。 ご利用環境(OS、PowerPointのバージョン、 表示用PC/STBの再生環境など)をお知らせいただけると、スムーズなサポートにつながりますので、ご協力をお願いいたします。

※サポートセンターはご購入いただいたお客様向けとなります。

開発・発売元

株式会社パフォーマ(http://www.performa.co.jp/
〒160-0008 東京都新宿区三栄町25 ボナフラワービル3F
お問い合わせはこちらから
e-mail:

PAGE TOP